セフレAさんがインパクトのある話を筆者に教えてくれました

- セフレAさんがインパクトのある話を筆者に教えてくれました

セフレAさんがインパクトのある話を筆者に教えてくれました

「出会い系サイトのアカウント登録をしたらしょっちゅうメールに悩まされるようになった…これって、どういうこと!?」と、混乱した経験のある方も珍しくないでしょう。筆者もそういう体験はありますが、そういったパターンでは、アカウント登録した出会い系サイトが、「無意識に」数サイトに渡っている可能性があります。どうしてかというと、出会い系サイトの半数以上は、サイトのプログラムで、他のサイトに登録されている登録情報を丸ごと別のサイトにも登録させるからです。言うまでもないことですが、これは利用する側の意思ではなく、いつのまにか登録されてしまう場合が大半なので、登録した人も、全く知らない間に複数サイトから勝手な内容のメールがまた、このようなケースの場合、退会すればいいのだと手続きをしようとする人が多いのですが、退会手続きをしたところで無意味です。とどのつまり、退会もできない仕組みで、他のところに情報が流れたままです。アドレスを拒否してもそれほど効果的ではなく、拒否された以外の複数のメールアドレスからメールを送りつけてきます。一日で受信箱がいっぱいになるほどメールが来るケースでは、ためらわないでこれまでのアドレスを変えるしかないので怪しいサイトは避けましょう。
出会い系サイトに関して、登録する人の何を求めてなっているのか。そういった気になる点の答えてもらうべく、こうしてネットを通じて質問する人の募集をかけて、都内にあるカフェでインタビューを実施しました。呼んだのは、日ごろから出会い系サイトに利用をしている五人。男性メンバーは、勤め人A、離婚後子供を引き取ったBセフレホストの駆け出しCセフレ女性メンバーは、警備員のD、グラドルとして働き始めたEを加えて2人です。あらかじめセフレ 募集 アプリ セックスセフレ募集掲示板筆者の方から五人へ質問表に記入してもらい、その結果に応じて、掘り起こしていく体でインタビューに挑戦しました。筆者「先に、質問の紙に、これまで出会い系サイトにアクセスしてきた中で知り合った男性が、相当の数になるEさんに詳しく話を伺いたいんですけど、どんないきさつがあって不特定多数の男性と交流を始めたんですか?E(グラドルになりたて)「わたしのやり方で、毎日相手をチェンジするんです」筆者「変えるってことは日によって相手も二度と関わらないんですか?」E「物足りなくなるんですよ。ついでに、他にだっていい人いるはずって思ったら、連絡を切っちゃう。向こうが会いたいとか言ってきても、出会い系サイトのなかには他にもいくらでもいるんだって考えたら何回も会うことないよなって」ちょっと考えられないEさんの言動に「そんなにたくさん会えるものなんだ」とショックを受けるCさん、Dさん。その次に、Aさんがインパクトのある話を筆者に教えてくれました。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫